◆ 訃報: 闘病2年8ヵ月小林麻央さん(34)死去

23日に、小林麻央さんが22日夜に都内の自宅で死去した。と言う事を知りました。

思えば

実は、小林麻央さんの命の時間が短い事を(私は個人的に)察知していました。

それは、小林麻央さんがある日、自宅に戻ってくる。と言う一報を耳にした時の事です。

私は「ふと」感じたのでした。

今まで長く闘ってきた病だけれど、お医者さまもどうする事もできない段階に入ってしまったのだと、【私の心が察知したのでした】そして悲しい気持ちになりました。奇跡が起きて欲しいとも思いました。報道では何も誰も触れてなかったけれど。

また、

(なかには)→「自宅へ戻れてよかったね」と、ほかの人は「家に戻れるのは、麻央さんの体調が少し元気になったのかな」と語る人もいましたが。。。

私は

小林麻央さんの(病状を日々詳しく把握はしてませんでしたが) あの日、私なりに既に感じ取っていたのでした。

イギリスの公共放送BBCも23日、ホームページに「小林麻央さん死去 がん闘病つづるブログに多くが共感」とする記事では「乳がんの闘病生活をブログにつづり、多くのファンがいたタレントの小林麻央さんが亡くなった事が23日に分かった」と報道。麻央さんの最後のブログや海老蔵さんの記者会見の様子を紹介し「個人的なことがらについて語るのを避けようとする日本社会で、小林麻央さんのブログは画期的だった」と、たたえたそう。BBCは昨秋、特集「100 Women 2016(2016年の100人の女性)」に麻央さんを選出したようです。

◆私は、昨日忙しい中に、海老蔵さんの会見を観て、→涙して、

また、

帰宅して忙しい中に

小林麻央さん追悼として放送していた「NEWS ZERO」では、かつて麻央さんが座っていた空席に花が置かれていたところを観て、

またまた、涙でした。

◆私は、23日の海老蔵さんの会見が終わっても、

涙が次々流れ、

涙が目から溢れ、

会見の様子も【見えなくなる程のたくさんの涙を昨日流しました。】

23日の夜になっても、

今日になっても、

私は小林麻央さんの死に向き合い、

悲しい気持ちで今日を迎えました。

まだ、亡くなった事が信じられません。特別 小林麻央さんのファンでは有りませんが、人の命の尊さ、大切さは、小さい頃からつぶさに人一倍感じ取れる人間であるので、

小林麻央さんの死で、

麻央さんの気持ちや、麻央さんの周囲の人の(私も経験ありますから)、たくさんの人の気持ちが、一気に解ります。

ですので、私は海老蔵さん、麻央さんや、お子様たちや、周囲のご家族の皆さんの【心の痛みを】今日になっても感じています。

涙が止まらないですね。